歯科医院で行う場合

最近、理想の白い歯を手に入れたいというニーズが高まってきました。
そこで、登場したのがホワイトニングです。
文字通り歯を白くすることです。
方法としては、自宅で行うハウスホワイトニングと、歯科医院で行うオフィスホワイトニングです。
ここでは、まずオフィスホワイトニングについてご紹介します。

オフィスホワイトニングは、歯科医院で漂白効果のあるホワイトニング剤を歯の表面に塗って、レーザーなどで光をあて、歯を白くするというものです。
ホワイトニング剤の主な成分は、過酸化水素になります。
これは、熱を加えて活性化すると、酸素と水素に分解されますが、このとき発生する活性酸素が、歯の着色の原因となっている有機着色物質を分解してくれます。
さらに、歯の表面を球状にしてくれるので、その影響でますます歯は白く見えます。
そして、この過酸化水素を含んだホワイトニング剤は、歯科医療機関でしか扱うことができません。
オフィスホワイトニングの特徴はなんといっても手軽さと即効性です。
ほとんどの歯科医院では、一回の施術で白い歯を手に入れることができます。
従って、結婚式前や何か

特別な行事の前などに、オフィスホワイトニングは非常に効果的です。

ただし、欠点もあります。
それは、色の戻りが比較的早いという点です。
生活習慣や年齢などで個人差はありますが、せっかく白い歯を手に入れても短期間で色が戻ってしまいます。
また、費用が高めということも覚えておきましょう。


<特別外部リンク>
年間1000本以上のホワイトニング施術を行っている大阪の歯科医院です => ホワイトニング 大阪

Copyright © 2014 ホワイトニングの概要 All Rights Reserved.